成人式の式典に振袖で参列する場合のポイント 成人式の振袖・写真・髪型について

成人式の式典に振袖で参列する場合のポイント

スポンサードリンク

成人式の式典に振袖で参列する場合は着付けしてから家に帰ってくるまでが長時間になりますので、長時間着ても疲れにくく、着付けが崩れないためのポイント、着崩れない立ち居振る舞い方、崩れてしまったときの対処法、振袖のときの持ち物などを押さえておきましょう

まずは着付けのときのポイント

ヘアースタイルは、襟が汚れないよう、またお食事会などがある場合は下がってくる髪の毛は不潔な感じになってしまいますのでアップスタイルがおすすめです。
腰紐は、なるべくきつく締めてもらいましょう
腰紐は、きつく締めてもゆるんでくるので、ゆるい締め方では、着崩れがおこります。
腰紐を締めてもらう時に、指3本が入るぐらいがちょうどよいです

腰紐以外の紐は、後できつくなってきます
食事をしてもきつくない程度に締めてもらいましょう。
着物だからと窮屈なまま我慢していと、後で気分が悪くなってします。きつく締められた時には、緩めてもらいましょう。


次に着崩れずキレイな立ち居振る舞い方です。

◎立ち方・歩き方
初めてのきものでは、帯を少し重く感じるために背中が丸くなってしまいがちですが悪い姿勢は着くずれの原因になってしまいます。
背中をスッと伸ばし、少し内股ぎみに、小股でゆっくりと歩くのが素敵に見えるコツ。
立ち姿の足元にも気を配りましょうね。

◎車に乗る
両袖をひざの上にそろえ、右手で裾を押さえながら、腰からシートに乗り込みます
振袖は、帯結びが大きいので、後ろにもたれて帯をつぶさないように浅く腰かけましょう
降りる時は、体をくるりと外へ向けて、足をそろえて地面へ降り立ちます。


◎階段の上り下り
両袖をまとめて左腕にかけたり、体の前で軽くつまんで持ち上げたりして、たもとが汚れるのを防ぎます
また、裾を踏んでしまうと着くずれてしまうばかりか、転んで思わぬケガをする危険も。
右手で端を軽く持ち上げて、注意しながら足を運びましょう。


◎すわり方
●和室で
正座をしたら、袖は軽く左右、または後ろへ流し、両手はひざの上で自然に重ねます。

●洋室で
椅子には浅く腰かけ、後ろの帯結びをつぶさないように注意。
両袖はひざの上に重ねて。


◎トイレ
まず、たもとえを帯締めにしっかりとはさみ込みます
次に、振袖→長襦袢→肌着の順に裾をめくり、両手でしっかりと持ち上げます。
この時の為に、大きめの洗濯バサミやクリップを準備しておき、帯に留めつけるのもよい方法です。
終わったら逆の順番で戻し、乱れていないか全身を鏡に映してチェックしましょう。
当然のことながら和式より洋式のトイレを選びましょうね。
覚えてしまえば簡単です。


困ったときの対処法
◎足が痛くなった場合
慣れない草履は、何かと歩きにくく感じるもの。
特におろしたての時は、鼻緒がきつく固まっている事が多いものです。
購入する時に、お店でゆるめてもらうのがいいのですが、それでもきつい場合は、鼻緒を引っ張り、足にフィットするように調節しましょう。

◎裾を踏んでしまった
裾を踏んでしまった場合は、おはしょりの部分が崩れてしまう事がよくあります。
そんな時はおはしょりをめくり、崩れてしまった分を引っ張り上げて中に入れ込みましょう。
片手で帯を少し浮かせるようにして作業するのがコツです。
裾の長さが元に戻ったら、おはしょりのしわを伸ばし、形をきれいに整えます。
帯のゆがみもチェックしましょう。

◎衿元がくずれた
まず左右の身やつ口から手を入れて、それぞれの衿を引き形を整えます。
半衿を上に引き上げたり、逆に下に引き入れたりして、見え具合を調節します。
衿元は、いちばん目につく場所だけに、崩れているとだらしなく見えてしまうもの。
こまめにチェックしながら、気をつけたいところです。


次に振袖のときの持ち物について

振袖の装いで、あれもこれもとたくさんの荷物を持ち歩くのは、見た目もかっこ悪いけど、持ち歩く本人も大変ですね。
化粧直しの道具を必要最低限の物だけにするなど、和装用のバッグに入る容量を考えて、かしこくシンプルにまとめましょう。
お財布は最低限のお金とカードをまとめて小さなお財布に。

この記事は いせや呉服店さんのサイトを参考にさせていただきました。
振袖を着ているときのマナーなどが図入りで詳しく載ってますのでおすすめですよ!
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53039603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。